読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若者による若者のための観劇レビュー

22歳が、22歳なりの視点で、同年代の若者に舞台の素晴らしさを、鑑賞した舞台のレビューを通して伝えていきたいブログです

「あたらしいエクスプロージョン」を観劇した感想(ネタバレあり)

第10回目のレビューは、浅草九劇こけら落とし公演「あたらしいエクスプロージョン」です。

 

f:id:kanazaaaaaawa:20170313211127p:plain

 

2017年3月に出来たばかりの劇場「浅草九劇」での初の公演作品となっており、出来立ての劇場に足を運びたくなり、観劇しました。

 

 

とにかく、客席とステージとの距離が近くて、今まで観劇した作品の中で一番近かったです!

 

この劇場、客席数が約100席程度しかなく、ステージ上の演者が1メートル前にいる状態。

 

近すぎて、自分の息遣いまでもが劇場に響いてしまうのではないかというほどのちょっとした緊張感がありました(笑)

 

 

今回とても驚いたのは、水を使った演出があった点です。

もちろん、水を使った演出は何度か観たことがあります。

ただ、客席とあの距離で、あの水の量・・・まるで滝です(笑)

絶対最前列の人、足濡れてるでしょと思ってしまうほどの量でした!

しかし、それすら客いじりへと昇華し、笑いにつなげる演出は、演劇空間ならではだなぁと感じました。

 

私は八嶋さんの演技がとても好きで、今回の演技もとっても素敵でした。

とにかく繊細なお芝居をされる方だなぁ・・・と思います。

 

台詞がなくとも、表情だけで細かな感情が伝わってきて、ユーモアさと切なさの緩急をはっきり付けていて、本当に凄い方だと思います。

 

もちろん、映画やドラマで唯一無二な存在感を放っていますが、舞台では更にとんでもない存在感です。

 

 

劇場はかなり小さいですが、小さいからこそ直接響くものがあります。

浅草という土地にぴったりだなぁと思わせる、素敵な劇場でした。

そこで上演される作品は、ほかの大きな劇場では絶対にできない体験をさせてもらえると思います。

 

 

 

【公演情報】

『あたらしいエクスプロージョン』

 

出演:八嶋智人川島海荷町田マリー大鶴佐助、富岡晃一郎、山本亨

 

公演日:2017/3/3(金) ~ 2017/3/21(火) 浅草九劇

 

 

観劇日:2017年3月12日(日)13:00公演