読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若者による若者のための観劇レビュー

22歳が、22歳なりの視点で、同年代の若者に舞台の素晴らしさを、鑑賞した舞台のレビューを通して伝えていきたいブログです

若者による若者のための観劇レビューを書きます

 みなさま、ご覧いただきましてありがとうございます。

この度、「若者による若者のための観劇レビュー」を書き始めることに致しました、

"葉流"と申します。

なぜ、私がこの度、このような場を設けたか。

それは、「舞台に興味のある若者が少なすぎる」と感じたからです。

 

私は現在22歳新社会人です。年間に最低10本は観劇するようになって5年目です。

"年間に10本て少ないな!"と思われる方も多いと思います。

しかし、学生の身分からすると舞台のチケットは非常に高価でした。

毎月、生活費を削って、なんとかチケットを買っていた日々でした。

(今現在も新社会人なもので、あまり学生の頃と苦しさは変わりませんが・・・)

だからなのか、それとも別の理由からか、私の周りには舞台に興味のある学生がいませんでした。

私は一人で舞台を観に行く毎日でした。

でも、思ったのです。

今の若い世代に舞台の魅力を伝える人間がいないだけじゃないか?と。

それも、同世代の人間で。

だから、今回、若い世代に対して舞台の魅力を発信していきたいと思ったのです!

もちろん、私は舞台経験はありませんし、ただ単純に舞台を観ることが好きな22歳です。

なので、いち舞台好きの若者として、自分が観劇した舞台の感想を書いていきたいと思います。

 

そこで、書いていくうえで一つ守るルールを作りました。

観劇した舞台に対して、批判的なコメントはいたしません。

なぜかといいますと、私が純粋に評論家ではないからです。

ただの舞台好きな若者だからです。

演者さんを始めとする、舞台に携わる方々を私は尊敬しています。その方たちが命を削って作り上げている舞台を批判する権限はありません。

 

沢山の10代、20代の人たちに演劇の素晴らしさ・楽しさを伝えたい!その一心で舞台の魅力を書いていきたいと思っております。

観劇の都度、更新していきます。

皆様、よろしくお願いいたします!!